人気ブログランキング | 話題のタグを見る

Team Beko teambeko.exblog.jp

シリアを応援するチームです!


by team-beko

今、ダラアで何が起きているのか?_c0395268_02311860.jpg

Team Bekoのアナザーストリーでもある3番目の支援対象の青年、ブラヒが暮らすのがダラア。シリア革命発祥の地と呼ばれるこの町は、シリアの最南端でヨルダン国境に近い。2018年の7月に反体制派と和平合意し、戦闘員はイドリブへと移住した。その2か月後、私達は、ダマスカスを訪問した。ちょうど武装勢力がいなくなり、政府も攻撃をやめたことで、人々は安心して少しはしゃいでいるかのような印象を得た。しかし、ここの傷はなかなか癒えないのも現実である。

5月25日に行われた大統領選挙は、多くの住民がボイコットした。そのあたりから治安が悪化していく。政府関係者が、何者かに暗殺されるという事件が度々起こるようになり、業を煮やしたロシア軍が6月23日にシリア政府との和解に応じたダルアー市在住の反体制武装集団の元メンバーらに対して、個人で所有する小火器(約200丁)の引き渡しを求めていることに対し住民たち数十人がデモを行った。

ロシア軍は道路を封鎖して、武装解除の圧力をかけた。その後衝突はエスカレートし、一万人を超える住民が避難するという事態に発展した。


8月4日には、EUのジョセップ・ボレル外務・安全保障政策上級代表の事務局から書面で、シリア南西部で「2018年以降の最悪かつ致死的な暴虐」が行われていると発表。

「ダルアー県とその周辺で深刻な危険が発生するリスクがある」とし、激しい爆撃により女性と子どもも含む数十人の民間人が殺害され、1万人以上が住む場所を追われたことが述べられ、5万人を受け入れるダルアー国立病院が迫撃砲による攻撃を受けたことが伝えられた。

ブラヒ君によると封鎖は50日を超えており、ここのところ病院にも通えていないという。

「ミサイルや銃撃が続いています。女性や子供たちも犠牲になっています。封鎖が続いているので食料とかが入ってこなくてものすごく値上がりしています。もう何も買えないです。こないだは家の前に爆弾が落ちました。」

8月15日以降は、停戦が合意されたとするも、衝突は続いている。

今、ダラアで何が起きているのか?_c0395268_02333253.jpg
ブラヒ君は地下室で暮らしています。外に出てみました。
今、ダラアで何が起きているのか?_c0395268_02334210.jpg
                        爆弾が爆発した後がくっきり
今、ダラアで何が起きているのか?_c0395268_02313391.jpg
車にも破片が飛び散り穴だらけ

今、ダラアで何が起きているのか?_c0395268_02312643.jpg
カメラで撮ろうとするもうまく動かず。仕方なしにスマホで送ってくれました。



# by team-beko | 2021-08-18 02:39 | 医療支援
スタート特典のお知らせ
8月20日までに申し込まれた方にはもれなくシリアのハーブティとシール付き!

皆様、本当にこの度は、クラウド・ファンディング(クラファン)をやると言いながら、なかなかスタートが切れず、申し訳ございませんでしたが、いよいよ本日8月12日、午前10:00-スタートです。
さて、本日は、すでにFB等でお知らせしましたように、19:00ー東京外語大学のシリア研究で有名な青山弘之教授をゲストに迎えて、混沌としたシリア情勢を解説していただきます。こちらはどなたでも参加できて無料のイベントですので是非ご参加ください。


スタート特典を今回お付けすることになりました!最初の一週間 8月20日までにクラファンで募金してくださった方にもれなくステッカーとシリアのハーブティを一袋お付けします。
クラウドファンディング、8月12日にスタートすることが決定!_c0395268_00025389.jpg
クラファンのサイトはこちら!

ステッカーの説明
このステッカーは、消しゴムハンコ作家の岩崎美那子さんが昨年作ってくれた二人の似顔絵スタンプをデザインしたものです。昨年はTシャツも作り好評でした。岩崎さんの作品はとってもほっこりします。
クラウドファンディング、8月12日にスタートすることが決定!_c0395268_00295983.png
シリアのハーブティ!
そしてシリアのハーブティ。
今年の2月にシリア国内のがん支援団体「BASMA」が呼びかけたキャンペーン「お買い物をしてシリアの小児がんを助けよう」に参加した会社の物です。BASMAに賛同したシリアの国内のメーカーのお茶や缶詰、乳製品、石鹸などの生活必需品を2月に買えば、売り上げの一部がBASMAを通して小児がんの支援になるというものです。

 今のシリアはなかなか国際的なキャンぺ―ンにもっていくのは難しく、しからばということで、サラーフ君、イブラーヒーム君に100ドルほど余分に送り、リストの中の商品を買ってもらいました。患者たちはうれしいし、会社も儲かり、ほかのがんの子どもたちの支援になるというのですごくよくできたアイデアだなあと思いました。
特に経済制裁で、シリア国内の消費が減ってしまい、企業も大変そうです。
クラウドファンディング、8月12日にスタートすることが決定!_c0395268_01251922.jpeg
これらの会社がこのキャンペーンに参加しています。
クラウドファンディング、8月12日にスタートすることが決定!_c0395268_01204880.jpeg
イブラーヒーム君がこんなのを買ったよと送ってくれました。
クラウドファンディング、8月12日にスタートすることが決定!_c0395268_00415385.jpg
サラーハ君もこんなにたくさん買えたよ写真を送ってくれました。
クラウドファンディング、8月12日にスタートすることが決定!_c0395268_01291746.jpg
こちらは、ダラアの青年。内戦で左腕を失っています。ヨルダンにいたときに支援していたので、何かと頼みやすく、500ドルを送り、近くの小学校の子どもたちに牛乳やビスケットを配りました。
クラウドファンディング、8月12日にスタートすることが決定!_c0395268_01291087.jpg
クラウドファンディング、8月12日にスタートすることが決定!_c0395268_01295169.jpg

クラウドファンディング、8月12日にスタートすることが決定!_c0395268_01320404.jpg
ブラヒ君をはじめ、小さな子供たちもがんの子どもたちを応援するプロジェクトに参加してくれました。そしてなんと、日本でもこのなかでChamainというメーカーのハーブティがかえるということを知りました。
クラウドファンディング、8月12日にスタートすることが決定!_c0395268_01524838.jpeg
クラウドファンディング、8月12日にスタートすることが決定!_c0395268_01515797.jpeg
それが荻窪にある The Antient world です。中東の珍しいワインを扱っているお店ですが最近はシリアの雑貨も仕入れています。て聞いてみると、ちょうど2月にこのハーブティをたくさん仕入れたそうで、支払った代金のいくらかはすでに小児がんの子どもの支援になっているというわけです。早速私もこのハーブティを少し購入させていただきましたが、一人では飲み切れない量買ってしまったので、皆さんにおすそ分けします。気に入ったら是非お店まで足を運んで購入してみてください。そうすると回りめぐってシリアの小児がんの子どもたちの支援になっているという仕組みです!
クラウドファンディング、8月12日にスタートすることが決定!_c0395268_02024441.jpg
今回はこちらでこの中からランダムにおひとつ差し上げます!

佐藤真紀



# by team-beko | 2021-08-12 02:16 | 医療支援
皆様、昨年実施したクラウドファンディングの7月31日現在の会計報告です。
クラウドファンディング前回の会計報告とお願い_c0395268_19513221.jpg
140万円のうちready for へ支払った残りのお金を、シリアアレッポの2人の患者へ合計18回=90万円をすでに送金しています。
一度に大金を送ることを避けるために、一回5万円を限度として、現地の家族から領収書等を電磁的な方法により送付してもらい、なくなる直前に送金するという方法を取りました。
残高は、135000円程となり、9月末にはゼロになる見込みです。

クラウドファンディング前回の会計報告とお願い_c0395268_19513670.jpg
送ったお金の使い道の内訳をグラフで表したものです。
クラウドファンディング前回の会計報告とお願い_c0395268_19514744.jpg
現在シリアで問題になっているのは、シリアポンドの暴落と、物価の上昇です。ただし、シリアポンドのチャートはネット上で見るものと実ルートの性かなりあるものと思われます。
ウエスタンユニオンでの合法的な送金を行っていましたが、レートは今年の3月までIYen =11シリアポンドでほぼ固定。実はその間も、実質シリアポンドは下がり続けていました。4月になりようや1Yen =22シリアポンドのレートになりました。
その間、交通費は上がり続けシリア、ポンドで見れば、当初の3倍になっていますが、円換算すると、4月以降のレートのおかげで、1.5倍程度になりました。


クラウドファンディング前回の会計報告とお願い_c0395268_19515064.jpg
クラウドファンディング前回の会計報告とお願い_c0395268_19515456.jpg
アレッポの患者2名に関しましては、今後も最低一年は、厳しいがん治療を続ける必要があり、間もなくクラウドファンディングを行う予定ですのご協力のほどよろしくお願いします。


# by team-beko | 2021-08-03 20:07 | 医療支援
皆様、Team Bekoでは、昨年「馬場とアフマド」の出会いから、アレッポの小児がんの子ども2名が支援を求めていることを知り「学生Team」が立ちあがりってクラウドファンディングで140万円を集めました。
70万円のゴール設定でしたが、140万円あつまり当初半年の予定が1年間支援を続けることができました。ただ、サラーフ君はがんが再発し、また抗がん剤を打つ必要が出てきましたし、イブラーヒーム君も治療が終わるめどが今のところ立っていません。そこで、今年も新しく「学生Team Beko」を引き継いでくれる学生さんたちが現れクラファンを行うことになりました。
当初は、8月1日から1か月のスタートするはずでしたが、諸準備が少し遅れてしまい、8月5日にスタートしようとするも、準備が思うように進まず、さらに数日延期することになりました。ご迷惑をおかけしていることお詫びします。
クラウドファンディングのお知らせ。スタートが延期に。_c0395268_20455234.png


クラファンをもりあげるために 国際派音楽ユニットのリーダー、相沢恭行さんと佐藤真紀でYoutube配信も開始しました。
VOL1では、シリア難民の問題をとりあげ国際社会は一体どういう風な支援をしてきたのかざっくり解説。
VOL2では、シリア国内に目を向け、経済制裁下での支援の仕方を語ります。
クラファン企画VOL1:シリア難民を支援するには?
クラファン企画VOL2:シリア国内を支援するには?
クラファン企画VOL.3:アレッポの2人のがんの男の子
是非ご覧ください。

クラファンページは、こちら
クラウドファンディングのお知らせ。スタートが延期に。_c0395268_13552259.png







# by team-beko | 2021-07-31 14:10 | 医療支援

オリンピックとシリア

【シリアの選手団、オリンピックに参加!】

問題だらけの東京オリンピックが始まりました。
残念ながら、シリアのサッカーは、出場権を逃しました。
しかし、シリアは6名の選手を派遣。今回注目を集めているのは、出場者の中で最年少という12歳のの女子卓球選手、ヘンド・ザザさんです。2009年ハマで生まれました。2歳の時に始まった民主化運動、そして内戦。卓球を始めたのは2014年。かなり内戦が激化し、ISもシリアの一部を支配していた時です。

 東京五輪の出場権を懸けた昨年の西アジアの選考会で、ザザは40代のレバノン人選手を決勝で破り、内戦で分断された母国シリアで一躍有名になった。最近までザザを指導していたコーチは「困難な環境で鍛えてきた」と明かし、劣悪な練習環境や国外大会参加に必要なビザ(査証)の取得で苦しむなど、五輪までの道のりは険しかった。 そうして迎える東京五輪では、計6人いるシリア代表選手団の唯一の女子選手として、母国に通算4個目の五輪メダルをもたらすことを目指す。「世界王者そして五輪王者になるのを夢見ている」と、AFPの取材で高い志を明かしたザザだが、その一方で、「学業を終えて薬剤師になる」という目標も持っている。 アマチュアのサッカー選手である父親は、競技のかたわらで学業がおろそかにならないよう、ザザに個別授業をつけているそうだ。

オリンピックとシリア_c0395268_13301629.jpg
選手と試合結果はこちら

【難民選手団の9名がシリア難民】

一方リオオリンピックから登場した難民選手団

オリンピックとシリア_c0395268_13350413.jpg
29人の選手団の中で、なんと9名がシリア難民。シリア選手団よりも多くの選手がいます。リストはご覧の通り。難民選手団、難民問題を世に訴えるのにはいいチャンスですが、一歩間違えると内戦の終結等を遠ざけてしまうことにもなりかねません。

オリンピックとシリア_c0395268_13350796.jpg

以下UNHCRのサイトからの選手紹介。

「私はこのチームの一員になれて本当に幸運です」と話すのは、UNHCR親善大使のユスラ・マルディニ選手。シリア出身の水泳選手で、2016年リオ五輪で初めて結成された難民選手団のメンバーでもある彼女は、今回のオリンピック出場の決定を受けてそう話します。「時にその責任の重さも感じます。難民選手団は小さなチームですが、難民だけでなく世界中の若者たちに、本当にたくさんの希望をもたらすことができる存在です。だから私たちは頑張ることができますし、小さなころから一生懸命練習してきたんです」。

同じく代表に選出されたアラム・マフムード選手(23)は、故郷のシリアでは新進気鋭のバドミントン選手でした。ショナルチームの代表として競技していましたが、紛争を逃れ、安全な場所で教育とトレーニングを続けるためにオランダに避難しました。新しい土地で落ち着いて生活できるように、オランダ・アルメレの地元のバドミントンクラブがサポートしてくれたと、アラムは話します。そのことが、新しい友達に出会ったり、スポーツに対する情熱が再燃したきっかけにもなりました。その後、2019年のバドミントン世界選手権リガ大会で勝利し、最近では2021年オーストリアオープンで準々決勝まで勝ち進みました。


【シリア選手団と難民選手団が抱き合う】


オリンピックとシリア_c0395268_13561549.jpg
この選手たち、左が、ムハンマッド・マッソー(トライアスロン)でシリア代表、右は、アラ・マッソー(水泳)で難民選手団から出場。実はこの二人兄弟です。アレッポ出身ですが、2015年2人とも国を去りドイツで暮らしています。ムハンマッドは、シリアを代表することになり、批判する人もいます。どうしてドイツ(難民選手団として)から出ないのか?アサド政権が好きならヨーロッパから出ていくべきだ。といった内容です。
オリンピックは、多様性とかを強調しながらも国威発揚の極めつけでもあり、その中で、本来持ち合わせる個人のアイデンティティをどう位置付けるのか、改めて難しさを感じます。あまり、難民問題に期待するというよりは、いろんな環境に置かれた選手たちに出場のチャンスを与えるというまさに、「参加することに意義のある」ということでしょう。






# by team-beko | 2021-07-24 14:23