人気ブログランキング | 話題のタグを見る

Team Beko teambeko.exblog.jp

シリアを応援するチームです!


by team-beko
こんにちは!
多摩大学グローバルスタディーズ学部の学生です。「湘南地域を巻き込んだ国際協力とボランティアの実践」ゼミで国際協力を学んでいます。私たちは今回、国際協力として、シリアの子どもが描いたトラの絵と私たちが描いた湘南・鎌倉の絵をコラボさせたポストカードを作成しました!この売上金は経費を除いて全額シリアへ寄付されます。

1枚100円(定価)で販売しています!
こちらのサイトからだと5枚セット+送料込みの販売なのですが、湘南キャンパスでの販売に限り、以下のメールアドレスからバラ売り手渡しの販売をさせていただきます!

1枚1枚に想いや願いを込めて作成しました。ぜひ、お買い求めください☺️

【申し込み】はこちらから⇩
多摩大学関係者で現金の支払い、多摩大学(湘南キャンバス)内での受け取りをご希望の方は一枚100円(税別)から受け付けます。
shonansgs14@gmail.comまで、ご連絡ください。カードの番号と枚数、お名前、お電話番号を忘れずに!

ネットの販売は1セット5枚入りでの受付になります。別途送料と10%の消費税が加算されます。
以下に申し込みフォームがございます。
ゆうちょ銀行の決済 振込手数料をご負担願います。
クレジット決済はこちら

シリア支援に関してはTeam Beko の活動をご覧ください。ここを➡クリック
湘南・鎌倉の名所を紹介することで、1地元への愛 2世界への愛 3地球への愛 そして4あなたへの愛へつなげていく、そんな年賀状をデザインしました。
多摩大学の皆様、湘南・鎌倉年賀状プロジェクトを紹介します。一般の方もNetで購入できるチャイティ年賀状のお知らせ_c0395268_15193031.png

【デザインの説明】

①シリアのオリーブ
多摩大学の皆様、湘南・鎌倉年賀状プロジェクトを紹介します。一般の方もNetで購入できるチャイティ年賀状のお知らせ_c0395268_03392506.png
シリアは、2011年から内戦が続いています。昨年年賀状の牛の絵を描いてくれたのは、ブラヒ青年。13歳の時に内戦に巻き込まれ左腕を失いました。内臓も破裂して、ヨルダンに難民として逃れて治療を受けていました。シリアに戻ってくると、支援も得られず、治療を続けることができませんでした。そこで、Team Bekoでは、年賀状を販売することで、治療費を支援しました。
多摩大学の皆様、湘南・鎌倉年賀状プロジェクトを紹介します。一般の方もNetで購入できるチャイティ年賀状のお知らせ_c0395268_04055434.png
さて、来年は寅年。ブラヒ君は21歳になって、トラの絵を描かなきゃと思いますが、なかなかうまく絵をかけません。ケガをしてからは、学校にも行くことができず、いつも間にか成人していました。近所に住んでいる親戚のラマちゃん7歳に頼んでトラの絵を描いてもらいました。ラマちゃんは小学校に通っていますが、公立の学校に行く途中は危険なので、近所のおばさんがやっている塾にお金を払って通っていますが、お父さんの仕事もなく、お金が払えないので、学校も休みがちだそうです。
多摩大学の皆様、湘南・鎌倉年賀状プロジェクトを紹介します。一般の方もNetで購入できるチャイティ年賀状のお知らせ_c0395268_04211212.png
ラマちゃんは、トラの張り子の写真を見ながら絵を描いてくれました。しかし、電気が来ません。停電ばかり。。
多摩大学の皆様、湘南・鎌倉年賀状プロジェクトを紹介します。一般の方もNetで購入できるチャイティ年賀状のお知らせ_c0395268_04251774.png
ともかく、シリアは、内戦と、国際社会が課す経済制裁のために、物価は高騰し、明日食べていくのも保証がありません。SDGs的に見ていくと、つまり17のゴールすべてから程遠く、戦争がすべてを奪っているのです。というわけで、シリアでSDGsを云々するのはこれくらいにしておきましょう。
多摩大学の皆様、湘南・鎌倉年賀状プロジェクトを紹介します。一般の方もNetで購入できるチャイティ年賀状のお知らせ_c0395268_04055450.png
さあ、ラマちゃんが描いてくれたトラ子の旅が始まります。
2015年、難民たちは、トルコからゴムボートで、ギリシャにわたりそこからヨーロッパを目指します。なんと100万人以上の難民がヨーロッパに移住したのです。トラ子も、シリアにいると何がつらいかというと、おなかがすくこと。それで、ゴムボートで脱出です!
なんと、たどり着いたのは、湘南でした!
多摩大学の皆様、湘南・鎌倉年賀状プロジェクトを紹介します。一般の方もNetで購入できるチャイティ年賀状のお知らせ_c0395268_05031818.png
江の島にやってきたトラ子は、さっそくサーフィンをやってみました。シリアにも、海があり、アルワード島という小さな島があって、なんとなく懐かしくなったトラ子です。しかし、シリアで、スポーツをエンジョイするなんてなかなかかなわないです。世界はこれほどに不平等なんですね。アメリカがシリアに課す経済制裁。アメリカでは、コロナ下でもGAFAの株価が上がり続けて世界の経済を支配しています。不労所得で儲けている人がたくさんいるのに。。なんで僕たちは、働いてもこんなに貧乏なんだろう。あれ?Apple を作ったS・ジョブスはシリア人でしたっけ。

②江の島
多摩大学の皆様、湘南・鎌倉年賀状プロジェクトを紹介します。一般の方もNetで購入できるチャイティ年賀状のお知らせ_c0395268_03402064.png
多摩大学の皆様、湘南・鎌倉年賀状プロジェクトを紹介します。一般の方もNetで購入できるチャイティ年賀状のお知らせ_c0395268_05075042.png
おなかがすいたトラ子は、魚を捕りに海に潜ってみました。驚いたことに、海の中にはプラスチックごみがたくさん。なんと2050年には、プラスチックごみの量が魚の量を超えてしまうって本当?何とかしなきゃ大変だ。

③湘南の海
多摩大学の皆様、湘南・鎌倉年賀状プロジェクトを紹介します。一般の方もNetで購入できるチャイティ年賀状のお知らせ_c0395268_03404370.png
多摩大学の皆様、湘南・鎌倉年賀状プロジェクトを紹介します。一般の方もNetで購入できるチャイティ年賀状のお知らせ_c0395268_04055407.png
④鶴岡八幡宮
多摩大学の皆様、湘南・鎌倉年賀状プロジェクトを紹介します。一般の方もNetで購入できるチャイティ年賀状のお知らせ_c0395268_03394985.png
さあ、トラ子は今度は鎌倉に到着したようですね。鶴岡八幡宮にお参りです。神社って、家内安全、無病息災を祈願するんですよね。すべての人が、健康でいられることを昔からみんな願ってきたんだね。
多摩大学の皆様、湘南・鎌倉年賀状プロジェクトを紹介します。一般の方もNetで購入できるチャイティ年賀状のお知らせ_c0395268_04055434.png
さあ、トラ子の度も終盤です。大仏様の腕の中でひと眠り、なんだかとっても平和な気持ちになってきた。大仏さんは、飢饉が襲ってきて、庶民が生きていけるようにって願いを込めて作られたんだって。鎌倉には、難民支援をしている団体もあるんだって。
⑤鎌倉の大仏
多摩大学の皆様、湘南・鎌倉年賀状プロジェクトを紹介します。一般の方もNetで購入できるチャイティ年賀状のお知らせ_c0395268_06022147.png
多摩大学の皆様、湘南・鎌倉年賀状プロジェクトを紹介します。一般の方もNetで購入できるチャイティ年賀状のお知らせ_c0395268_04055437.png
トラ子は、旅をしながらSDGsというグローバルな問題を考えてみました。昔の日本は、疫病がはやっても、治療を受けることもできず死んでいった人がたくさんいた。飢饉がやってくると飢え死にするしかなかったんだね。未来を変えたいという思いでお祈りしていたんだ。そしていつの間にか開発が進んで「未来」を手にいれたけど、人口が増えて地球が持たなくなってしまったんだね。弱肉強食の世界に突き進むのか、みんなが努力して共存の世界を目指すのか、きれいごとをいうのは簡単だけど、現実は厳しい。日本で、SDGsを語るのと、実際明日生きるのも定かでないシリアでは全然違ってくる。だから、シリアから目をそらさずに、グローバルな問題を一緒に考えてほしいなあ。

是非皆さん、年賀状を買ってくださいね!



【申し込み】はこちらから⇩
多摩大学関係者で現金の支払い、多摩大学(湘南キャンバス)内での受け取りをご希望の方は一枚100円(税別)から受け付けます。
shonansgs14@gmail.comまで、ご連絡ください。カードの番号と枚数、お名前、お電話番号を忘れずに!

ネットの販売は1セット5枚入りでの受付になります。別途送料と10%の消費税が加算されます。
以下に申し込みフォームがございます。
ゆうちょ銀行の決済 振込手数料をご負担願います。
クレジット決済はこちら



# by team-beko | 2021-11-08 07:12
今年も、シリア支援の年賀状を販売します。
年賀状の予約申し込みを開始します。_c0395268_03392506.png
2022年は寅年ですね。シリア子どもが描いてくれたトラの絵とオリーブの木をデザインしました。
一枚150円 ネットでの販売は10枚単位でお願いします。20枚以上は割引がありお得です。*振替手数料はご負担願います。
セット値段送料合計金額
10枚入りセット1500(税込み)1001600
20枚入りセット(500円割引)2500(税込み)1402640
30枚入りセット(500円割引)4000(税込み)04000
40枚入りセット(500円割引)5500(税込み)05500
50枚入りセット(1000円割引)6500(税込み)06500

11月15日までの申し込み➡11月30日発送予定
11月30日までの申し込み➡12月15日発送予定
【決済方法】
【申し込み方法】
①申し込みフォームに記入する➡申し込みフォーム②「申し込み承りました」というメールが届きます。③ゆうちょ銀行で振替(手数料はご負担ください)➡④お手元に年賀状が届きます。

ゆうちょ銀行振替先はこちら⇩
郵便振替/00110-3-635929 SAKABEKO(サカベコ)
他銀行からの振り込みは店番019
預金種目:当座
口座番号:0635929

【シリア支援】
今回、トラの絵を描いてくれたのは、ダラアのちゃん7歳です。昨年「牛」の絵を描いてくれたブラヒ君の隣に住んでいます。今年の年賀状プロジェクトで、ブラヒ君は1年間約30回のCO2レーザー治療を終えましたが、移植手術が必要です。シリア全体としては、治安は安定してきていますが、ダラアでは時折衝突が起こります。ちょうど日本ではオリンピックが行われている頃に激しい衝突が起こり、住民の一部は約80日ほど避難を余儀なくされました。戻ってくると家が壊されていました。またシリアは経済制裁で、物が不足し物価が高騰し続けています。停電も多く、厳しい状況が続いています。
年賀状の予約申し込みを開始します。_c0395268_23441317.jpg
年賀状の予約申し込みを開始します。_c0395268_23052011.jpg
年賀状の予約申し込みを開始します。_c0395268_23012063.jpg

 そして、やはりこの内戦で、親を失った子どもたちが多くいます。ダマスカスには、そういった子どもちのシェルターがあるそうです。
シリア支援団体サダーカの代表をしていた田村雅文さんは、組織としてのシリア支援は、終了したものの、個人的なつながりからダマスカスの孤児院を支援しています。
「ダマスカスにある二か所の孤児院では、戦争で親を亡くした子どもたち、拷問を受けたり道端で働くことを余儀なくされた約100人の子どもたちが生活をしています。勉強以外の時間は手芸や木工品などを学び、ブレスレットやカバン、人形などを作成しチャリティーバザーなどで売って運営資金にしています。戦争の影響で物価の高騰も著しく、施設の設備修理がほとんどできず一日三食準備できない日もあります。子どもたちの生活環境整備のために是非皆さんのご協力を頂ければ幸いです。」と訴えます。
1000円あれば、大体一日の3人分の食費が賄えるそうです。
年賀状でどれくらい収益があげられるかわかりませんが、組織ではどうしても支援がしにくいところに支援金を送りたいと思います。
年賀状の予約申し込みを開始します。_c0395268_00182504.jpg

【年賀状でコミュニケーション】
コロナ時代で、人との距離感ができ、なかなか元のようにはなれないのではないか?リーモートでは何か物足りなくても、便利であることは確かです。そんな時代に年賀状をツールとして見直してみましょう。お年寄りの方は、毎年年賀状を楽しみにしていますが、毎年友達が亡くなっていくので寂しい思いをしています。あるいは自分ではもう文字が書きにくくなられたお年寄りもおおいいでしょう。高齢化社会のコミュニケーションだけでなく、年賀状は世代を超えたコミュニケーションツール。SNSのメッセージだけでなく、若い人からお年寄りに送ってみたり、シリアの子どもの絵から、SDGsを考えてみたりいろいろ使える年賀状を見直してみましょう。
【湘南・鎌倉プロジェクト】
佐藤真紀が多摩大学で担当している「湘南地域を巻き込んだ国際協力とボランティアの実践」の学生たちと、「地元を愛し、平和を愛し、地球を愛する」年賀状を現在作成中。こちらも数量限定ですが近々販売する予定です。収益の一部は、鎌倉での難民支援や、海洋ごみ問題などの活動に寄付する予定です。






# by team-beko | 2021-11-01 22:00
クラウドファンディングをさらに盛り上げるために、もれなく特製シールを新たに2枚追加します。
この猫の絵、サラーフ君とイブラーヒーム君の作品。とても面白くてかわいいくて、商品化したいと思いつつも、この写真だけでは、、、なんせ現物が手元になく。
ステッカー追加サービスのお知らせ!_c0395268_22473326.jpg
ステッカー追加サービスのお知らせ!_c0395268_22531396.jpg
そこで、またまた登場するのが、Team Bekoの地下組織と言われている「美術部」でございます。
消しゴムハンコ職人の岩崎先生が掘り起こしてくださいました。
ステッカー追加サービスのお知らせ!_c0395268_22563842.jpg
というわけで、今回クラファンで寄付してくださった方全員に、この素敵なシールをお付けいたします。
ステッカー追加サービスのお知らせ!_c0395268_23222438.png
何かと使えるかわいらしい「マルハバ」(アラビア語でこんにちは)シールです。直径4㎝
ステッカー追加サービスのお知らせ!_c0395268_23254516.jpg
是非、よろしくお願いします!
クラウドファンディングはこちらです➡https://readyfor.jp/projects/team_beko_syria/





# by team-beko | 2021-09-01 23:31 | 医療支援

家がない!

 
家がない!_c0395268_16382821.jpg
今も約670万人が避難生活を送り、約1,106万人が人道支援を必要としています。(* 2020年10月現在)
UNHCR
UNHCRの広告がなかなか強烈だった。
僕たちが支援してきたサラーフ君も国内避難民だ。シリア難民は、570万人ともいわれているが、普通は、そう簡単に外国に逃げようという発想にはならないだろう。
アレッポの内戦が激しくなると、サラーフ君の家族が暮らしていた飛行場の近くの貧困地域は、反体制派が占拠し、激しい戦闘に巻き込まれる。家族はアレッポ大学に避難する。
家がない!_c0395268_17375049.png
約3万人がアレッポ大学の学生寮などに避難していた。
2013年一月、大学の試験のときにロケット弾が飛んで来たらしく、学生だけでなく、避難していた人たちも被害にあい、80人以上が死亡した。
サラーフ一家は無事だった。
しかし、当時4歳だったサラーフの様態が悪くなった。
検査を受けると、骨が変形していてがんの可能性があるという。



家がない!_c0395268_20035932.jpg
アレッポのがん専門病院のキンディ・病院はイスラム過激派が爆破してしまった。
サラーフのお母さんは言う。
「それで、ダマスカスのがん専門病院に連れていく必要がありました。しかし、ベイルーニ病院病院は、東グータ―地区にあり、周辺は激しい戦闘が続いて、夫はそこに入ることができませんでした。
そこで、ダマスカス中心分の子ども病院の方に行きました。
私は、残りの6人の子どもたちの面倒をみ、夫がサラーフをダマスカスまで連れていく。サラーフの入院中は、夫は2-3日病院のロビーで寝泊まりして息子の退院を待っていました。

しかし、2016年、運転手として働いていたお夫は、ダマスカスへ向かう途中に、消息を絶ちました。誘拐されたのか、投獄されたのか、殺されたのか?何んら情報はなく、時は過ぎていきました。
私はとても怖くなり、絶望しました。
小さな子供たちを7人抱え、そしてサラーフをダマスカスまで連れて行かねばなりません。
夫が誘拐された同じ道をサラーフと二人で行くのは怖かったのです。たとえ、彼が、投薬が必要になったり、様態が悪化しても、私は怖くてダマスカスに行けなかったのです。
それで、アレッポの大学病院で治療をすることにしました。
しかし一年間して、サラーハは再発してしまい、医者は言いました。ここではもうなすすべもありません。ダマスカスに行くしかありません。
私は、勇気を振り絞ってダマスカスに行く決心をしたのです」


当時、ダマスカスまでの道のりは、いろいろな勢力が支配しており、10時間ほどかかったが、2019年には、政府が高速道路を完全に手中に収めたために5時間くらいで通えるようになった。治安は著しくよくなった。




家がない!_c0395268_18313759.jpg
再発がわかったころのサラーフ君


2016年の暮れには、政府軍がアレッポの市中を解放した。しかし、自分たちが住んでいた家はボコボコに破壊され、地域全体がゴーストタウンとなっていた。
お母さんは、いろんな人たちや団体からの支援を受けて何とかやりくりするしかなかった。幸いにも、攻撃を免れた住居が空き家になっていたので、そこで暮らすことになった。大家は、お金を要求することはなかった。
 しかし、この家族にかかわらず、シリア人を苦しめているのは、経済制裁である。
2020年からは、アメリカがシーザー法を適応して、さらに厳しい経済制裁を発動したのである。

アサド政権にシリア国民に対する虐待を止めさせ、シリアが法の支配、人権と隣国との平和共存を尊重するよう図ることで、そのために包括的な制裁を課すとした。シリアの通貨は急落(最近だけで3分の2下落)し、医薬品などの生活必需品の輸入がさらに困難になるとともに、物価が急騰し、国民生活の困窮は一層強まった。また石油・ガスが制裁の対象とされたことも日常生活に一層支障をもたらすことになった。さらに建設業が制裁の対象とされたことで、戦闘が行われた地域の瓦礫の撤去が進まず、国民の生活の基礎である住の確保が進まない状態にある。このように国民のためであるはずであったシーザー法はかえって国民の生活を一層脅かす結果を招いてしまっているのだ。


「ガソリンは少ししかなく、料理のためのガスもうちには3ヶ月ありません。ガス・ボンベは、もし買おうと思えば、50000SP2500円くらい)します。でもそれだと15日もすれば無くなります。あらゆる燃料の値段が高いんです。とても大変です。だから時々(ガスがないので)料理しないんです。」

 当然タクシー代も値上がりする。

今年の3月お母さんは、「ガソリンがびっくりするほど値上がりしました。タクシーの運転手は、16SP(シリアポンド)要求してきましたが、13SPしか渡しませんでした。タクシーの人に言ったんです、こんな値段で行けません!って。次はもっと値段の安いところを尋ねないといけません。」と言っていた。

ところが、今では、18SPまで値上がりしてしまった。ちなみに一年前は6SPだった!

日本円にすれば、1万円を超える。毎月4回ほど病院に通うから交通費だけで4万円近くかかってしまうのだ。Team Bekoでは、交通費と薬代の支援のために昨年クラウドファンディングを行ったが、一年で物価が3倍ほどに跳ね上がってしまった。一方で為替レートは固定せれており、ようやくポンド安が今年の3月から反映され円高のメリットが生かされることになったが、物価上昇には追い付かない。

家がない!_c0395268_19320921.jpg
食費の補助も行っている。

家がない!_c0395268_19382052.jpeg
家がない!_c0395268_19392386.jpeg
家がない!_c0395268_19375773.jpeg
サラーフ君が暮らしている町を案内してくれる。送られてきた写真は瓦礫だらけの街である。アレッポの中心部はずいぶん普及が進んでいると聞いていたのだが、2016年からほとんど変わっていない。
おそらく多くの人たちは、アメリカが言う「アサド大統領の人権侵害をやめさせるため」に行っているという経済制裁を信じて疑わないだろう。一般の市民、特に家を失い、夫を失い、そして子どもががんという病に侵され苦しんでいる家族がいる事に思いもよらないだろう。
イラクの経済制裁を思い起こさないだろうか?サダム政権を崩壊に追いやろうとしかけた経済制裁は、そこに群がるハイエナ企業や、国連職員すら巻き込んだ汚職の温床と化した。「バクダッドスキャンダル」という映画にすらなった。シリアの経済制裁は、一体だれが設けているのか?イラクと違って石油がほとんどとれない国だから事情は違うのだろうけれど、

UNHCRの高等弁務官も以下のように言っている。
「人々の状況はあまりに過酷で、緊急に人道支援が必要です。水にも問題があり、電力供給も不安定です。薬を買えてもとても高かったり、食料もそうです。そして新型コロナウイルスによって状況はさらに深刻化しています」それでも国際社会は、動かいないのはなぜ?

せめて、私達にできることは、サラーフ君の治療を続けさせてあげる事だ。

なんとか、クラウドファンディングが成功するように皆様のお力添えをお願いします。










# by team-beko | 2021-09-01 20:16 | 医療支援
サラーフのお母さんは、なんでも話してくれる。
でもいつも、アラビア語なので、何とかgoogle の翻訳でやり取りしている。
「ダマスカスによく行きます。医者がサラの状態について何と言っているかを説明したいと思います。
彼の病気は非常に厄介で、サラーフは、一生病気と付き合わなければいけません。このままでは、彼は骨の痛みに苦しみ続けるでしょう。
1つの椎骨が折れると、多くの椎骨骨折を起こし、完全に麻痺を引き起こし、誰も彼を救うことができなくなります😔
「神に怒りをぶつけたくなることも」サラーフのお母さんは語る_c0395268_00435087.jpeg


医者は私に彼の状態を説明しました。そして私たちはアレッポからダマスカスの通院とサラーフが痛みに苦しむのに、うんざりしていて、神は私たちの状況を知っているのに、どうしてこのような苦しみを与えるのだろうと、私は非常に悲しくなり、怒りすら覚えます。サラーフは数年間化学療法を受けていたせいで、歯がとても痛いといいます。今まで4回再発しました。そしてまた再発です。癌は、サラーフのやせ細った体を食いつくしていきます。

データを見て、どのようにがんが骨を侵食しているか見てください。。昨年は6番目と10番目の2つの椎骨がやられました。
それで、私たちは、何度もダマスカスに通わなくてはいけません。週に2回行かなければならない時もありますが、私はもうくたくたになります。1回行くだけで精いっぱいです。
「神に怒りをぶつけたくなることも」サラーフのお母さんは語る_c0395268_00425092.jpeg

多発性骨肉腫は、まれな病気です。再発しなければいいのですが、サラは4回再発したため、抗がん剤も効かないほどがんは強くいのです。
ええと、彼は今、彼が所有して遊ぶことを夢見ている自転車に泳いだり乗ったりすることを禁じられています😔
私の説明が明確で、私の文章を理解してくれることを願っています。」
「神に怒りをぶつけたくなることも」サラーフのお母さんは語る_c0395268_00444190.jpeg
検査の合間にとめてあった自転車に乗ってみる。骨が折れると大変なので自転車に乗るのは医者から禁止されている。
「神に怒りをぶつけたくなることも」サラーフのお母さんは語る_c0395268_01093891.jpeg
治療を始めたころは大好きな水泳もできた。

「神に怒りをぶつけたくなることも」サラーフのお母さんは語る_c0395268_00541350.jpeg
骨が折れないようにコルセットを購入することになりました。
今月は、検査等ですでに4回病院に通い、今度の日曜日も病院に行く予定だとのことで5回通うことになりそうです。お母さんが愚痴りたくなる気持ちもよくわかります。アレッポ―ダマスカスは300㎞-400㎞くらい離れています。東京ではパレリンピックが始まりました。シリアからは、3名の選手、難民選手団にも3名で合計6名が参加します。彼らの活躍が、サラーフ君に勇気を与えることを願いします。




# by team-beko | 2021-08-26 01:10 | 医療支援