人気ブログランキング | 話題のタグを見る

Team Beko teambeko.exblog.jp

シリアを応援するチームです!


by team-beko
イラク戦争から20年、「メソポタミアの未来たち」_c0395268_02164225.png
イラク戦争から20年を振り返る企画です。
2003年のイラク戦争の「過ち」にいかに私たちは向き合うのかと言い続けて、気が付くと20年が経っていました。そこで、私たちは今のイラクを見るために、今年3月に現地を訪れました。アメリカの無責任な占領政策で地獄と化してしまった町でも、子どもたちは夢と希望を失うことなく成長していたことを目の当たりにし、今回の展示を企画しました。また、ウクライナイラク戦争で劣化ウラン弾の使用がささやかれている事態を重くみて、フォトジャーナリストの豊田直巳氏にもイラクで使用された劣化ウラン弾などの写真を提供していただけることになりました。展示は無料でご覧になれますが、オープニング(7月30日)とクロージング(8月27日)には、チケットの購入が必要です。国際派音楽ユニットのChalChalが登場し、イラクの歌の紹介や、デジタル紙芝居「アリババと40人の盗賊」、音楽劇「影絵と歌のシルクロード」盛りだくさんの内容で、お子様でもお楽しみいただけます。

【会期】7月26日(水)-8月28日(月)
    *火曜日は定休日
    *8月8日-15日は、お休みです。
【時間】11時~19時
【場所】青猫書房 東京都北区赤羽2-28-8 TimberHouse 1F

【展示内容】
●イラク戦争当時に描かれた子どもたちの絵

絵本おにいちゃん死んじゃったに採用された原画も展示します。
●バグダッド女子美術大学の生徒たちのメソポタミアを題材とした版画

●イラク人アーティストの作品を展示
Hani Dallah Ali(ハーニー・ダッラ・アリー)イラク人画家。戦争の影響で2005年からヨルダン在住。古代メソポタミア時代の壁や文様、イラクの象徴ナツメヤシと農婦などをテーマにした抽象絵画作品の個展で3度来日。



●イラク戦争を取材したフォトジャーナリスト豊田直巳氏の写真を展示
豊田直巳 Naomi Toyoda
フォトジャーナリスト、ドキュメンタリー映像監督、JVJA会員 1983年よりパレスチナ・中東の取材を始め、週刊、新聞、テレビなどで発表。 2011年の東日本大震災以降は、主に原発事故被害の取材を続けている。 産経児童出版文化賞大賞(2019年) 平和・協同ジャーナリスト基金賞奨励賞(2003年)
■写真集、著書 『フォト・ルポルタージュ 福島 人なき「復興」の10年』 (岩波書店 2022年) 『福島に生きる凛ちゃんの10年~家や学校や村もいっぱい変わったけれど』(農文協 2021年) 『フクシマ元年』 (毎日新聞社 2012年) 『戦争を止めたい----フォトジャーナリストの見る世界』 (岩波ジュニア新書 2009年) 『イラク 爆撃と占領の日々』 (岩波書店 2003年) 『「イラク戦争」の30日』 (七つ森書館 2003年)他多数
■映画 『サマショール 遺言 第六章』 共同監督 (2020年)
『遺言~原発さえなければ』共同監督 (2013年)
豊田の映画・遺言プロジェクト 映画「奪われた村」 監督豊田直巳 豊田の書籍・写真集
【アラブ・マーケット】
●エルサレムやベツレヘムで購入したお土産や、イエメンコーヒー、オリーブ石鹸、ChalChalやチームベコのオリジナル商品などを販売します。

【オープニング・イベント】【有料】7月30日(日)
➡チケットを購入する

14:00ー
佐藤真紀のイラク講座他ギャラリートーク
15:30ー
ChalChalショー・タイム
デジタル紙芝居「アリババと40人の盗賊」ChalChal
ChalChalコンサート 中東の音楽を中心に演奏します
参加費:前売り2000円
    当日 2300円
 高校生以下は500円


【クロージング・イベント】【有料】8月27日(日)
➡チケットを購入する
14:00ー
ChalChalメンバーによる影絵シアター
15:30ー
ChalChalコンサート 中東の音楽を中心に演奏します
参加費:前売り2000円
    当日 2300円
 高校生以下は500円

アリババと40人の盗賊
うたをさがして
共催:TeamBeko ChalChal 豊田直巳事務所
協力:聖地のこどもを支える会

# by team-beko | 2023-06-29 02:32 | イベント
 トルコ南部で今月6日に発生したマグニチュード7.8の地震とその後の地震で、これまでにトルコで4万4218人、隣国シリアで5914人(2月25日現在)と、合わせて5万人以上の死亡が確認されています。
シリアでは、内戦による影響で被災された地域が分断されており支援が入りにくい状況です。Team Bekoでは、少しでも力になればいいと思い義援金を集めています。

義援金はこちらから➡「シリア支援」とお書き下さい
郵便振替/00110-3-635929 SAKABEKO(サカベコ)
他銀行からの振り込みは店番019
預金種目:当座
口座番号:0635929

*郵貯ダイレクトでインターネットから振込される場合カタカナのみの表示になりますので、メール等でご連絡いただければ幸いです
振込終了後にこちらにご一報くださいませ


【支援先】
①アレッポの小児がんのサラーハ君がダマスカスの病院に通えるように今まで通り交通費+生活費の支援
②アレッポのボランティアを通じた緊急支援➡アレッポではまだ余震が続き、多くの人が倒壊を恐れて屋外で避難生活をしています。
③ラタキアで家を失った人たちへの支援物資の配給や絵画を通したケア

シリア震災緊急救援のお願い_c0395268_03013304.png
シリア震災緊急救援のお願い_c0395268_02141155.png
【アレッポ日記
小児がんのサラーハ君のお母さんがアレッポから毎日のように情報を届けてくれています。
2月6日 
10:17 バイト先で仕事をしていると、上司が、「トルコで地震があったそうです」トルコ?南の方だというのでシリアは大丈夫かなと心配しているとお母さんからメッセージ
16:13 母:あなたは大丈夫ですか?強い地震がありました。あなたは大丈夫ですか?
私たちは、大きな揺れを感じこの住んでいる地域が全体が揺れたので、外に避難して無事です。でも姉と娘17歳とその夫25歳、そしてその娘2か月、そして姉のもう一人の娘3歳が生き埋めになっています。
17:51母: 姉の家族は、いまだにがれきの下にいて、救助隊は何もできていません。
22:00 母:いまだに彼らは救出されません。私たちは恐怖で一杯です。何人かの人はより強い地震が来ると言っています。
シリア震災緊急救援のお願い_c0395268_01284389.jpeg

2月7日:
救援隊が、姉の家族全員を遺体で発見しました。病院に駆け付けたときは、みななくなっていました。アレッポのみんなが泣いています。彼らは埋葬されました。
シリア震災緊急救援のお願い_c0395268_01283163.jpeg
余震が続く中、サラーハ君の家は倒壊する恐れがあり、郊外の友人の家に2日ほどお世話になりました。そこには、ストーブがありとてもあったかくて、食事も出してもらえたそうです。
2月9日:アメリカが180日間の一部制裁解除を発表
2月11日:
東京でチャリティ・イベント
シリアのラタキアで暮らすアーティスト、ヒヤームさんの作品とヒヤームさんが主宰する子どもたちのアートスクール、アルスム・フルミー協会の子どもたちの絵を展示し、ChalChalのデジタル紙芝居をやることになっていました。メンバー全員がギャラを寄付したいと言ってくれて急遽チャリティ・イベントになりました。NHKの取材も入りました。
シリア震災緊急救援のお願い_c0395268_01175871.jpg
イベントのダイジェスト版はこちら⇩
2月11日に放送されたNHKニュース

2月14日:送金したお金が無事にアレッポに到着 サラーハ君は無事にダマスカスの病院に行くことができました。
     彼の病名は多発性骨肉腫で骨が弱っているとのことで理学療法が必要だとのことです。
シリア震災緊急救援のお願い_c0395268_02331377.jpeg
     
2月20日:激しい地震が襲う 家の中では、建物が倒壊する恐れがあるので、夜は寒さを耐えて外で寝ているそうです。
シリア震災緊急救援のお願い_c0395268_02200894.jpeg

シリア震災緊急救援のお願い_c0395268_01314791.jpeg
家を失った人たちの様子です。みた感じは、支援が入っているとは思えません。

【ラタキアの状況】
一方ラタキアのほうですが、アルスム・フルミー協会で絵を学んでいた子どもたちは、地震の翌日には、絵を描いてSNSなどで送ってきてくれたそうです。協会の代表のヒヤームさんは、「こんな時だからこそ、子どもたちは不安で怯える気持ちを吐き出す必要があるのかもしれません」
シリア震災緊急救援のお願い_c0395268_02493415.jpg
シリア震災緊急救援のお願い_c0395268_02451430.jpg
子どもたちが送ってくる絵
バスルームに避難しているところ
シリア震災緊急救援のお願い_c0395268_02490601.jpg
2月25日には、ラタキアの20家族へ物資の配給が行われました。
       
シリア震災緊急救援のお願い_c0395268_02525757.jpeg
人家族に配った中身


2月26日 毎日新聞に紹介されました!
シリア震災緊急救援のお願い_c0395268_02582513.jpg




      

# by team-beko | 2023-02-27 03:02 | 医療支援

シリア支援の年賀状Ver3

シリア支援の年賀状Ver3_c0395268_22521769.png
シリアのアレッポの小児がんの少年サラーハ君の支援のための年賀状。今回足らなくなってしまい、気が付くとVer3を印刷いたしました。
12月18日までにBASEで決済をすれば20%引きになります。
クーポンコードに base10xmas といれるだけ!
こちらから申し込みください
https://sakabeko.base.shop/



# by team-beko | 2022-12-17 23:09


23年賀状予約始まりました!

今年も、シリア支援の年賀状を販売します。
シリア支援の年賀状キャンペーンは終了しました。_c0395268_23584653.jpg
現在はVer2を販売中!通常のポストカードにも使えるデザインです。
2023年は兎年ですね。シリアの子どもが描いてくれた兎と亀をデザイン。
一枚150円 ネットでの販売は10枚単位でお願いします。20枚以上は割引がありお得です。*振替手数料はご負担願います。
セット値段送料合計金額
10枚入りセット1650(税込み)1001750
20枚入りセット(500円割引)2750(税込み)1002850
30枚入りセット(500円割引)4400(税込み)1804580
40枚入りセット(1000円割引)5500(税込み)1805680
50枚入りセット(1000円割引)7150(税込み)1807330
【配送】12月15日よりVer2の発送を開始しますのでしばらくお待ちください。
【決済方法】
【申し込み方法】
①申し込みフォームに記入する➡申し込みフォーム②「申し込み承りました」というメールが届きます。③ゆうちょ銀行で振替(手数料はご負担ください)➡④お手元に年賀状が届きます。

ゆうちょ銀行振替先はこちら⇩
郵便振替/00110-3-635929 SAKABEKO(サカベコ)
他銀行からの振り込みは店番019
預金種目:当座
口座番号:0635929

【シリア支援】
 2022年は2月に予期せぬロシアのウクライナ侵攻があり、多くのウクライナの市民が犠牲になっています。
 一方シリアでは、生活の困窮がさらに進み、ウクライナ、ロシア双方の傭兵になり戦闘に参加するという悲しい事態が進んでいます。シリアは、欧米が課した経済制裁が、政権の中枢部よりも貧しい人達がもろに影響をうけていました。昨年暮れから燃料費が高騰していたところに輪をかけてシリアポンドが値を下げ、国連等の援助の予算もウクライナへとまわり、さらに厳しい状況です。
私たちが支援してきたアレッポのイブラーヒーム君も1月には命を落としました。お墓を作るお金もなかったので医療費の一部を回しました。もう一人のサラーハ君の癌の治療は順調でしたが、交通費が値上がりして通院の負担がおおきくなっています。また、アレッポではインフラが破壊されたままで水道事情が悪くコレラが蔓延してしまいました。サラーハ君を含め家族もコレラに感染しましたが今は回復しているとのことです。
日本の大学生たちがコロナ禍で一生懸命集めてくれた資金もそろ底をつくので、今年も年賀状を販売することになりました。
シリア支援の年賀状キャンペーンは終了しました。_c0395268_00043036.jpeg
シリア支援の年賀状キャンペーンは終了しました。_c0395268_23581271.jpg
シリア支援の年賀状キャンペーンは終了しました。_c0395268_23581079.jpg
シリア支援の年賀状キャンペーンは終了しました。_c0395268_00044181.jpeg

【年賀状でコミュニケーション】
コロナ時代で、人との距離感ができ、なかなか元のようにはなれないのではないか?リーモートでは何か物足りなくても、便利であることは確かです。そんな時代に年賀状をツールとして見直してみましょう。お年寄りの方は、毎年年賀状を楽しみにしていますが、毎年友達が亡くなっていくので寂しい思いをしています。あるいは自分ではもう文字が書きにくくなられたお年寄りもおおいいでしょう。高齢化社会のコミュニケーションだけでなく、年賀状は世代を超えたコミュニケーションツール。SNSのメッセージだけでなく、若い人からお年寄りに送ってみたり、シリアの子どもの絵から、SDGsを考えてみたりいろいろ使える年賀状を見直してみましょう。
【多摩大学生たちも協力します】
佐藤真紀が多摩大学で担当している「湘南地域を巻き込んだ国際協力とボランティアの実践」のゼミ生たちもコラボします。売り上げは、経費を除き全額シリアの子ども達へ寄付します。
12月16日は、湘南台駅でで街頭募金。13:00-16:00

こちらの商品の収益は、すべてシリアの支援活動に使われます。


# by team-beko | 2022-12-13 00:24 | ベコ・ショップ

こどもの絵画展「戦争と日常」のお知らせ

9月21日-10月10日まで

Team Beko美術部では、こどもの絵の展覧会を企画いたしました。今年の2月には、 ロシアのウクライナ侵攻がはじまり、いまだに停戦の糸口すら見えません。私が、中東にかかわるきっかけは、1993年のオスロ合意でした。湾岸戦争の直後でもあり、世界は平和に向かっているという流れを感じ、〝人間として生きている〝ことを実感し誇りを感じました。しかし、私が暮らしたイエメン、パレスチナ、イラク、そしてシリアでは戦争が止むことなく続いています。冷戦時代に逆行し、さらに帝国主義の時代にも戻ってしまったかのような空気すら感じます。戦禍の爪痕で生きる子どもたちが残してくれた絵をしっかりと展示していかなくてはならないという責任を感じ始めています。今回、赤羽の青猫書房様のご好意で、イラク、シリア、パレスチナの子どもたちの展覧会を開催する事になりました。 是非この機会に子どもたちが見た戦争、そして日常をご覧ください。

こどもの絵画展「戦争と日常」のお知らせ_c0395268_14313534.jpg

9月21日-10月10日まで、約3週間展示します

詳しくはこちら➡


# by team-beko | 2022-10-20 14:32 | イベント